前記事の補足

日記
05 /16 2014
前の記事で、そのスペックなら10万前後やろ!
とか書いてみましたが、根拠と言いますか、理由がこちら。

【マウスコンピュータ】LB-C300B
・Windows 8.1 64ビット
・CPUインテル® Core™ i5-4200U プロセッサー
・メモリ4GB PC3-12800 (4GB×1)
・ハードディスク500GB SerialATAII 5400rpm
・Office Personal 2013 プレインストール


販売価格89,800円 (税別)
送料込めて10万ちょっと。

昨日紹介した「Floral Kiss」の第2弾との
スペック面での違いと言えば、Floral Kissの方は
画面が13.3型、オフィスがビジネス、DVDドライブ付き
の3点くらいかと。

メーカーが違うことによる保証期間、内容の他
ノートPCならではのバッテリー駆動時間、重量サイズなど、
細かいとこに差はあるでしょうけれど、
処理の性能に限って言えば、まぁ10万前後が妥当よね
と思ったため。


また、ノートではないけれど参考までにサイコムで19万PCというと、
G-Master SpearZ97をベースにカスタマイズし、
CPU:i7-4790
HDD:1T
メモリ:16GB
グラボ:GTX660
OS:win8.1
オフィス:パーソナル
ディスプレイ:23型くらい



ざっくりこんな感じにすると送料込で195,030円ほど。
そこから、ディスプレイは前の使いまわせば-20,000ほどとなり、
オフィス不要ならばさらに-20,000となるので、
SSD付け足したり、グラボ底上げまでできてしまう。

スペックやらをノートとデスクトップで比較するのは無粋とは思いつつ、
19万という数字の大きさを再確認するための参考として。

関連記事

コメント

非公開コメント