ファンタジーゾーンIIダブル

日記
07 /17 2014
セガ 3D復刻プロジェクト、
ニンテンドー3DS「ファンタジーゾーンIIダブル」が本日より配信。

というわけで、いつものインタビュー記事も上がってました。

【GAME Watch】
「3D ファンタジーゾーンIIダブル」インタビュー


最初、社内で「システム16で新作を作る」という話をしたときにスタッフから出た反応は、「また社長がなんか妄想をぶちまけてるよ」というものでした。だから、私をあきらめさせようという意味で、「検討はしましたけれども、今のプログラミングのスタイルだと、システム16はワークエリアが少なすぎてゲーム(プログラム)が書けないので、そこが解決されないと無理です」という断りの返事をされたんですよ。でも、周りのハード屋さんに話を聞いてみたら、「メモリを増設してやるよ」という話が出て、実際にシステム16B(システム16の後期型)にメモリを増設してもらったんです。それで断ったつもりが、実際にやらなくてはならなくなったわけです。



解決されてしまった。



でも、改めて良い開発会社だなぁと思わされますね。

社長のやりたい事が明確で、
社員側から社長へしっかり問題点の報告もされ、
その解決を社員側に投げずにしっかり社長の方でも動いてる。

文字で書くとすごく単純で簡単な事に見えるけれど、
実際こうなれていない開発会社って、結構あるものです。

復刻プロジェクトに限らず、
セガ・エムツーさんのインタビューは
是非とも今後も続けてほしいですね。

関連記事

コメント

非公開コメント