Windows10の初期情報

日記
10 /03 2014
次のWindowsは9だよね?
9になるんだよね?
9だと思った?
残念10でしたー^^


という衝撃展開で話題になっている、
Windows10がどういう方向に進もうとしているのか、
PC Watchがプレビュー版を触ったそうなので、
少し内容を見てみましょう。

「Windows 10テクニカルプレビュー」ファーストインプレッション

これはアリかもしれない。
なぜ良いと感じたのかは大きく3つ。

・起動時、デフォルトでデスクトップが起動
・仮想デスクトップ
・ストアアプリのウインドウ表示デフォルト化



1つずつ、そう感じた理由など。

・起動時、デフォルトでデスクトップが起動
すでにWindows8.1でも設定によって、そうする事はできるけれど、
最初からデスクトップ起動になってくれたというのは、
気持ち的にすごく嬉しい。

というか、Windows8で一番壁に感じたのか、
起動時にあのタイル画面が表示される事だったので、
その壁が一気に薄くなった気分。

自分で設定が必要か、初期状態からそうなってるかで、
随分と最初の一歩の印象は変わるもの。



・仮想デスクトップ
これ、実はけっこう便利なんじゃないかと。
特にゲームやらをよくする人は、
コレは・・・!!と思ったのでは。

気になるのは、再起動の度、仮想デスクトップが落ちたりしないかな?
残ったままなら、付箋専用画面とか用意したい。
仕事用PCの画面が付箋で埋め尽くされて、
デスクトップが隠れてしまったもので。



・ストアアプリのウインドウ表示デフォルト化
Window(単品)からWindowsに戻ってきてくれたという印象。

Windows8は所持していないので、詳しくは知らないのですが、
今までストアアプリは強制全画面だとか。
一応ウィンドウ表示でストアアプリを起動する事はできるものの、
それをするためのソフトを入れないといけないのがWindows8。

それがWindows10になって、標準となってくれたようです。



その他、細かい部分で個人的に嬉しい物が
・スタートボタンの復活
やはり、そこにいてくれると安心感が。
実際はそこまで使ってないんですけどね。私は。

・そこにタイル画面の縮小版
その復活したスタートメニューの右側に、
タイル画面が表示されるそうなのですが、
デスクトップがすぐ汚くなる人間にとっては、
ここに使用頻度の高い物を置いておけるなら、
少しは整理しやすくなるかなぁなんて。



最後に、これ要るのって思う物。
・チャーム
タッチ操作で使う気が毛頭ない私だからそう感じるだけかもしれませんが。
下にタスクバーがあって、スタートメニューも復活したのなら、
もう不要よね。



全体を通してみると、
ユーザーの希望に応えながら、
Windows8の傷痕面影もしっかり残っていて、
今の感じなら、乗り換えてもいいかなぁ
なんて思わせてくれるOSになってるかと。

今後の続報に期待。

関連記事

コメント

非公開コメント