ウォーリーも探しはじめた

育児日記
04 /23 2015
赤と白の縞模様の服で有名なウォーリー、
そんな彼を探す絵本、ウォーリーを探せ!

一時期はやたらと流行し、アニメにもなるくらいでしたが、
今は落ち着き、どちらかといえば懐かしいと思える方へ。

僕も当時の流行に乗って一冊所持しており、
それを今になって息子(1歳9か月)が探しだし、ハマっております。

最初は一部のページにある、
電車や車の絵を見つけては指さして喜ぶだけだったのですが、
徐々に遊び方が高度化し、ライオンどこだ、ゾウどこだとか聞くと、
自分で探して指さして、
あ!あーい!
と言って喜んではしゃいでおります。

ここまでウォーリー出番なし。


が、一昨日あたりからついにウォーリーに出番が。
最初の簡単なページでウォーリーを見つけ、
これがウォーリーね!と教えたあと、
他のページでウォーリーどこ?と聞いてみたら、
自分でウォーリーを探して見つけて指をさし、
あ!あーい!
と言って喜んではしゃいでおります。

やはりウチの子カワイイ。
客観的に見てもカワイイ。



で、あ!あーい!って何。



ちなみに、ウォーリーを探せですが、
1987年に出版された後、2000年頃にリニューアルされ、
新ウォーリーを探せ!として販売されております。

ウォーリーの位置が変わったなどの他、
ウォーリー自身の顔デザインも少し変わったんだとか。(整形疑惑)


関連記事

コメント

非公開コメント