CPUを万力で挟んではいけない

日記
03 /18 2016
ここ最近で一番わかりやすいタイトルの記事が出てました。

【やじうまPC Watch】
CPUを万力で挟んではいけない

CPUを安易に万力で挟んではいけない。

なぜなら壊れるからだ。


せやな。
の一言に尽きます。


要はCPUの殻割りに失敗したというお話ですね。

2012年に出たCPU、Ivy Bridgeのグリスバーガーの件から殻割り挑戦者が急に増えてる気がしますが、僕個人としてはお勧めしません。

よほどな使い方をしない限り、別に問題無く動きますし、そもそも殻割りという行為自体イレギュラーな行為ですから、失敗した日には目も当てられない。
とくにCPUなんて、けっして安くないパーツですからね。

それでも殻割りしたい方は、万全の準備と、ある程度の覚悟をしたうえでどうぞ。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

おお、今は殻割りなんていうテクニックがあるんですか。
僕はオーバークロックをしようとして何故かCPUに触ってヤケドしたアホなので
こういう作業は向いてないです・・・。(^^;)
ノーマルがやっぱり一番なんですけど、
どこか無茶をさせたい男の子の気持ちがあるのが困ります。

No title

図はこのあたりが解りやすいかな。
http://gigazine.net/news/20120501-ivybridge-double-grease-burger/

無理をしたい気持ちは解ります。
解りますけども、流石にCPUはあまりイジリたくないところなんですよねぇ。
価格はもちろん、そもそも着脱も面倒で。