グラボにドリルでネジ穴を開けてはいけない

日記
04 /23 2016
先日の、CPUを万力で挟んではいけないに続く、してはいけないシリーズ。

今度は、ビデオカード。

【やじうまPC Watch】
ビデオカードにドリルでねじ穴を開けてはいけない

ビデオカードにドリルでねじ穴を開けてはいけない。

 なぜなら壊れるからだ。


せやな・・・


今回は、GeForceのGTX980Tiを購入したものの、使用中のPCといろいろ規格が合わず、無理やりなんとかしようとした結果、失敗したというお話。

前回のCPUもそうですが、精密機械ですからね・・・。
安いパーツならまだしも、GTX980Tiはハイエンド向けの高級ビデオカード。
下手したら、PC側を買い換えたほうが安く済んだ可能性もあるくらいの高級品です。

高い買い物をする場合は、物理的にちゃんと着けられるパーツかどうか確認してから購入しましょう。
とくにグラボは物理的なサイズがでかいですから、ご注意を。

関連記事

コメント

非公開コメント

グラフィックボード

カード自体がPCI-e3.0でも下位互換なのでボード側の対応が1.1以上のであれば(レーン16なら16で)
電力の確保をきっちりやれば動きますよ。
マザーボードからの供給だけでは動きません
広めの筐体であれば問題無いかと
グラフィックカードだけで300W使うものは
夏場は地獄ですがw

No title

NVIDIA迷走期のグラボや、pen4あたりのCPUに比べて、最近はだいぶ消費電力も発熱も抑えられてますからね、夏場も多少は扱いやすくなったものです。
流石に上位パーツとなると話は別ですがw

物理的サイズについては、やはり広めのミドルタワーこそ正義。