新旧スコーン

お菓子ネタ
06 /10 2012
最近ジャパンフリトレー製品に偏ってたので、
今回はコイケヤさんのスコーンをターゲットに。


最近、コンビニ限定で
スパイシーチーズと、絶品BBQが販売されてますね。
そこで、新旧世代で軽く戦争してみました。


新旧スコーン

まず上の表が袋単位。
容量を見てもらえると分かりますが、
コンビニ限定チームの方が多いんです。
値段も割増ですがね。
なので、袋単位ではまず内部戦争。

本家スコーンについては前にも比較しているので
限定スコーンについて少し。

カロリー、たんぱく質、資質は
旧チーズ:BBQと同じ結果ですね。
しかし、炭水化物は絶品BBQが
スパイシーチーズ(以下Sチーズ)を上回り、
ちょっとヘルシー思考になったのかな?
と思いきや、その下のナトリウム。
断トツに高い数値を出しており、
高塩分になっちゃってました。


その下のグラム単位が戦争本番。
1袋当たりの数値を容量で割ったもの。
つまりここで新旧が同じ土俵に立つ事になります。

一番高い数値にちょっと色を変えてるので、
パッと見てすぐ気づかれるでしょうが、
本家スコーンのチーズ、さすがです。

高カロリー 高脂質 高炭水化物
というダイエット3大強敵がすべてトップ。
お菓子を食うやつがダイエットなんざ気にしてんじゃねえ!
というお菓子の神様のお叱りの声が聞こえてくるようです。

さて限定スコーンはといいますと、
なんとたんぱく質は絶品BBQがトップ。
筋力付けるならオレを食え
ということでしょうか。

そしてSチーズはナトリウムの頂点に。
高血圧になりたけりゃオレを食え
ということでしょうか。
それにしても全体を見回しても、
断トツの高塩分ですね、Sチーズ。
こういう躊躇いの無い感じ、好きです。

で、ここまで来て一切出番なしの和風BBQ。
バランスが取れていると言いますか、なんと言いますか。
旧スコーン同士ならたんぱく質、ナトリウムが
チーズに勝っていたのですが、
その両方が限定スコーンにトップを取られるという、
なんか可愛そうな結末に。

でも忘れちゃいけない、
スコーンで一番最初に発売されたのは
和風BBQなんだという事を。
数値で負けてるからなんだ、
数値では測れない歴史を彼は背負っているんだと。
ありがとう和風BBQ!

ということで、和風BBQ2袋買ってきました。


【注意点】
あくまでも数値の比較であり、
味がどうとかではありません。
味覚は個人差があるため、私はどうこう言いませんが、
全部好きでした。


最後に、過去の関連記事。
チートスとスコーン
炎のエビチリ固め
山ちゃん(みそ串カツ)

みんなでコイケろうぜ!!(?)

関連記事

コメント

非公開コメント

グラム単位総合について触れてませんが、なんでですか??
そもそも単位の違う項目があるのに、それも全部まとめて合計して何が分かるんですか??

とりあえず合計したものの、何も意味を成さない事に気づき触れませんでした。
集計表の画像も作った後だったので、もう面倒だったのでそのまま無視してました。
ゆるして。

ひどい自演をみた

的確な自演です